Development

gitでよく使うコマンドのまとめ・備忘録

  • gitのコマンドが覚えられない
  • あれ?この操作のコマンドなんだっけな?

gitを使ってるときに

アレ?この操作のコマンドなんだっけな?

って覚えられない私がいるわけで。

そんな私の私による私の為のgitコマンド備忘録です。

同じようにgitコマンドがわからなくなっちゃった人の少しでも参考になれば嬉しいです。

この記事でわかること
  • gitの一般的なコマンド
  • やりたいことに対するgitコマンドtips

git設定関連

ユーザー名、アドレスを設定する

$ git config user.name "My Name"
$ git config user.email "me@example.com"

git基本操作

不要なファイルを管理対象外にする

$ echo [filename] >> .gitignore

gitブランチ関連

ブランチ確認

$ git branch

origin含め全てのブランチ確認

$ git branch -a

ブランチの作成

リモードリポジトリのブランチからローカルリポジトリのブランチを作成

$ git checkout

originのXXXブランチをベースに新しくブランチを作ってチェックアウト

$ git checkout -b [my_branch] origin/XXX

現在のブランチから新しくブランチを作ってチェックアウト

$ git branch [new_branch]
$ git checkout new_branch

ブランチ名を変更する

$ git branch -m

ブランチを削除する

HEADにマージしてあるブランチの削除

$ git branch --delete branch_name

無条件に削除

$ git branch -D branch_name

add関連

ワークツリーの変更内容をすべてインデックスに追加する

$ git add .

add を取り消す

$ git reset 

git reset HEADでも同じで、HEADは省略可能

gitコミット関連

直前のコミットを取り消す

$ git reset --hard HEAD~

gitリモート関連

リモートリポジトリを確認する

$ git remote -v

※-v をつけると詳細表示になる

リモートブランチの削除

$ git push --delete origin branch_name
 or
$ git push origin :foo

削除ブランチを一覧から削除

すでにリモートからブランチを削除したあとでも、git branch -aをすると、削除済みのブランチが残っている場合があります。

これはどこにもリンクしていないオブジェクトのゴミがローカルに残っているのが原因なので、以下のコマンドできれいに消しちゃいましょう。

$ git fetch --prune

git Stash関連

一時的に退避する

$ git stash save

※ saveは省略可能

退避してある内容を確認する

$ git stash list

gitのよく使うコマンドまとめ

ざっと使用頻度の高いgitコマンドをまとめてみました。

とりあえずこれで一通りの操作はできると思います。

gitは使い方によっては開発がとても便利になりますし、大人数のでの開発や、バージョンをいくつも管理する時など覚えておくべき必須のツールだと思いますので、これからもgitをヘビーユーズしてもっと理解やコマンドを深めていきたいと思います。

同じようにgitを使い始める人や、使っているけどど忘れしちゃってる人なんかの参考になれば幸いです。

オススメ本

gitの使い方は一度こんな感じの入門書を読むのがオススメです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です