WinMergeで差異のある差分行のみを表示する方法

Development
この記事は約2分で読めます。
  • 比較やマージでWinMergeを使ってる!
  • WinMergeで差分だけ表示させたい!

作業でDiffを確認したり、ログの差分、ソースの差分を見るために便利なWindows用ソフト。

Winmerge

ファイルの比較や、フォルダ単位での比較、バイナリの比較など様々な使い方ができる超有名ソフトなので、WinMerge使っているユーザーも多いんじゃないでしょうか?

直感的に2つの差異が見れるのですが、違いのある差分行だけをフィルタしたかったので、やり方を調べたのでメモしておきます。

この記事でわかること
  • WinMergeで差分行だけ表示させる方法
  • 差分行の前後を指定することもできる
スポンサーリンク

WinMergeで差異のある差分行のみを表示する方法

やり方は簡単でした。

メニューの [表示(V)] → [Diffコンテキスト(D)] から希望の設定を選択するだけです。

差分のみ設定値

設定した数値によって表示される前後幅が決まります。

  • 0:で差分のみ
  • 1:で差分行の前後1行を含めて表示
  • 2:で差分行の前後2行を含めて表示
  • n:で同様に前後n行を含めて表示

これで、差分の行+設定した値で表示が可能となります。

WinMerge差分のみを表示したくて困ってる人の参考になれば幸いです。

WinMergeで差分のみまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました