Development

MacOSをCatalinaにするとOBS Studioで「failed to find locale/en-us.ini」のエラーが発生して困ってる人へ

※この記事は古いです。

現在(2020/01/10)では、Mac Catalina対応のOBSバージョン24.0.6がリリースされています

  • CatalinaにアップデートしたらOBSが開かない
  • failed to find locale/en-us.iniって言われる

MacOS 10.15Catalinaのアップデートしました?

毎回不安になりながらアップデートしちゃうんですけど、今回はOBS Studioにおいてfailed to find locale/en-us.iniとエラーが出て起動できなくなってしまったので、暫定的な解決方法を載せておきます。

この記事でわかること
  • MacのCatalinaでOBSを起動させる暫定的な方法

MacOSをCatalinaにするとOBS Studioで「failed to find locale/en-us.ini」のエラーが発生して困ってる人へ

※2019/12/18追記

OBSの公式がソフトのアップデートを行いまして、現在(2019/12/18)では最新バージョン24.6にアップデートすることにより解決されました。

なので、最新バージョンにアップデートを行えば表題の現象は解決する可能性があります!

御対応に感謝です!!

The latest version of OBS Studio, 24.0.6, has now been released and should work on macOS 10.15 Catalina. You can download it here

https://obsproject.com/forum/threads/macos-10-15-catalina-support-status.111343/

以下は投稿時点での古い記事となります。

OBSとは

そもそもOBSを知らない人のためにOBSとは軽く説明

Open Broadcaster Softwareは、OBS Projectが開発保守しているフリー・オープンなストリーミング・レコーディングソフトウェアである。

Windows 7以降、OS X 10.10以降、Linuxをサポートしている。

wikipedia

ストリーミング配信や映像レコーディングで使うフリーソフトで、Macでも使えるフリーのストリーミングソフトといったらOBS一択になると思います。

failed to find locale/en-us.iniのエラー原因

MacOS 10.15Catalinaでは32bitアプリが使えなくなるよーみたいな話はありましたが、今回OBSで出てるエラーはMacOS 10.15Catalinaでのセキュリティ強化による影響に起因するようです。

CatalinaでWebカメラやマイクのキャプチャなどの権限の処理方法が変わってしまい、OBSが正しく起動できないみたいです。

OBSのエラーの解決方法は

OBSの公式フォーラムの方で、アドミンの方がCatalinaのサポート状態についてスレッドを立ててくれてます。

ここには上記で書いたエラー原因とともに、暫定的な解決策も書いてありました。

端的に言うと、下記のコマンドをターミナルから直接叩いてくれれば、ほぼほぼ元通りに復元して起動ができますよとのことです。

暫定的な起動コマンド

open /Applications/OBS.app/Contents/MacOS/OBS --args -picture

現在、修正に取り組んでくれているようですので、それまではターミナルからコマンド起動でやり過ごしましょう!

MacOS10.15CatalinaでOBSが起動できないときのまとめ

Catalinaにアップデートしてしまい、OBSが起動しなくて困ってる人の参考になれば幸いです。

[itemlink post_id=”573″ alabel=Amazonで探す rlabel=楽天市場で探す ylabel=Yahoo!ショッピングで探す]

[itemlink post_id=”574″ alabel=Amazonで探す rlabel=楽天市場で探す ylabel=Yahoo!ショッピングで探す]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です