MacBookPro13が入る「THULE」のPC用ショルダーバックの使い勝手が良かったのでオススメレビュー

Gadget
この記事は約5分で読めます。
  • PC持ち運びに最適なバッグが欲しい
  • ショルダータイプのPCバッグが欲しい

現在リモートと出勤と半々で仕事しています。

リモートの時は基本は家で作業するのですが、外出する用事がある時や、気分転換のためにカフェでノマドワーカーすることもあります。

そんな時にPC(MacBookPro13)を持ち運ぶ為に、普段仕事で使っているトートバックやリュックサックを使っていたのですが、もう少し手頃なサイズのバックを探していたところ、THULEというメーカーのスリングバッグ(ショルダーバッグ)を見つけたので、買ってみました。

結果、これがなかなか良かったので、レビューとおすすめポイントをまとめてみました。

この記事でわかること
  • おすすめのPCバッグ
  • THULEのショルダーバッグのオススメポイント
スポンサーリンク

ちょうどいいサイズのPCバック探し

以前トートバックとリュックサックの記事を書きましたが、普段使ってるトートもリュックもとってもお気に入りです。

【リュックvsトート】どっちがいい?リュックとトートバックのメリット・デメリットを考察してみた
リュックとトートどっちがいい?リュックのメリット・デメリットは?トートのメリット・デメリットは?カバンってなにつかってる?リュックですか?トートですか?それともビジネスバッグですか? 私はここ数年私服の通勤...

でも、トートだと自転車移動時に不便を感じたり、長時間の移動だとやはり肩が痛くなったりPCが入るとそれなりの重さになるので少し辛くなってしまいました。

そこでリュックにしたみたんですが、Macと財布とモバイルWifiとバッテリーぐらいしか持ち運ばないのに、私のリュックでは大きすぎました。

また、季節も夏や残暑残る暑い時期だと背中が汗でびっしょりに…

そんな感じで私のPCバック探しが始まったわけです。

PCバックに求めたスペック

リュックの快適さとちょうどいいサイズ感をいいとこ取りしたようなバックを探しました。

具体的には以下のポイント

  • MacBookPro13インチが入る
  • できればPC用のポケットがある
  • A4サイズのGRID-ITが入る
  • リュックのような両肩ではなくボディバックのような気軽さが欲しい
  • デザインはフォーマルじゃなくてよい(私服移動時がメインのため)
  • ポケットの数など機能性が高い
  • デザインがカッコいい

一番こだわって探したのは、リュックではなく、ボディバックのようなショルダーバックというところです。

ただ、PCが入るボディバックってなかなか無いんですよね。

リュックだと結構いいサイズのバックがいっぱいあるんですけど。。。

あと、小物はすべて前に紹介した「GRID-IT」にはめているので、A4サイズが入るサイズで探しました。

小物をキレイに収納して持ち運ぶ「GRID-IT」超便利なのでオススメレビュー
カバンの中がゴチャゴチャしてる複数のカバンを使い分けてるGRID-ITが気になっているそんな人に向けたGRID-ITの紹介レビュー記事です。普段通勤時や出かけるときに持っていく荷物に細かい小物があったりしますよ...

このようなポイントを踏まえてAmazonや楽天、デパートのバック売り場なんかをいろいろと物色していき、ついに出会ったのが THULE(スーリー)のスリングバッグでした。

Thule Crossover Sling Pack

カラーはブラックとブルーの2種類があるんですけど、私は無難にブラックをチョイス。

青のジッパーがカッコイアクセントになってます。

公式サイトはこちら

Thule Crossover Sling Pack
Thule Crossover Sling Pack - 軽量で快適なスリングパック。移動中でも用具や電子機器をすばやく取り出せます。

値段は1万3000円~1万5000円くらい。

amazonで買おうかとも思ったんですけど、新宿のヨドバシに売っているっていう情報を得たので、ちょうど新宿に用事があったときに実物を見に行きました。

まぁ、実際に見てみて、しっかりした作りや、機能性に惹かれて即購入しちゃいました。

THULEのPCショルダーバックのいいところ

ちょうどいいサイズ感

やっぱり求めていたサイズ感が最高です。

PCもストレスなく入りますし、持ち運びする小物も財布もキレイに入れることが出来ます。

すばらしいフィット感

ワンショルダーのスリングバックなので、PCを入れて結構重くなると肩が痛かったり、バックがずれたりするのかなと思ってましたが、そんなことは一切ありませんでした。

肩に当たる部分の幅が結構広いため長時間でも痛くならずに背負えます。

また、背中に当たる部分にちょうどいいクッションがあるので、ピッタリ体にフィットします。

豊富な収納ポケット

THULEのスリングバック(ショルダーバッグ)には収納が沢山別れており、機能性バッチリです。

メインの収納ポケット、サブ収納ポケット、小ポケット、肩紐の小ポケット、さらにはペットボトル用サイドポケットまで。

メイン収納ポケット

メインの収納内にはMacBookPro13インチがすっぽり入る仕切りと、iPadぐらいのタブレットが入る仕切り、反対側にはジッパー付きのポケットと機能性抜群です。

サブ収納ポケット

サブの収納部には小物を小分けに入れれる仕切りが沢山ついています。

両側がジッパー付きのポケットになっており、仕切りではペンの収納部や、名刺サイズの収納など小物をキレイに入れることができそうです。

ベルト前面のポケット

結構便利だったのが、ベルト部分についているポケット。

私はここにスマホを入れて使ってます。

いつでもすぐ取り出せてすごく便利です。

THULE ワンショルダースリングバックまとめ

まちがいなくおすすめできるいいバッグです。

PC収納できるバックとか結構ありますが、機能性とかオシャレ具合からみてもとてもいい感じです。

耐久度も保証も手厚いTHULEのようなので、長くずっと使えるバッグじゃないかなぁと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました