Development

npm-check-updatesでnpmの取得モジュールのバージョンをまとめて更新する方法

  • npmで取得したモジュールの一括更新をしたい
  • package.jsonの更新を簡単に行いたい
  • バージョンアップ可能なモジュールを知りたい

npmで環境構築するとバージョン情報がpackage.jsonに記載されますよね。

でもフロント界隈の発展速度はとても早く、しばらくすると取得したモジュールのバージョンが古くなってしまいます。

そんな時にモジュールのバージョンアップを行うのですが、今回はnpm-check-updatesを使って、package.jsonに記載されているライブラリのバージョンを簡単に更新する方法を紹介したいと思います。

この記事でわかること
  • npm-check-updatesの使い方
  • npm-check-updatesを使ったモジュールの更新方法

npm-check-updatesとは

npm-check-updatesとは名前の通り、npmの取得モジュールのアップデートをチェックしてくれるライブラリです。

チェックだけではなく、package.jsonの内容を一括で更新することも可能で、モジュールのアップデートする時にはとても便利です。

npmにはnpm updateというコマンドがあるのですが、このコマンドではpackage.jsonに書かれているバージョンに更新・インストールされるだけで、ライブラリ自体のバージョンを更新することはできません。

ライブラリのバージョンを更新するためには、package.json内のバージョンを最新のバージョンに書き換える必要があります。

これを1つ1つ最新バージョンの確認をして更新するのは大変なので、そんな時はnpm-check-updatesを使ってみましょう。

npm-check-updatesのインストール

npm-check-updatesもnpmで取得できるパッケージですのでnpmを使用してライブラリを追加します。

package.jsonにも追加するために --save-devオプションを付けてインストールしておきましょう。

$ npm install --save-dev npm-check-updates

.node_moduleにパスを通す

グローバルインストールはしていないので、取得した実行モジュールにパスを通す必要があります。

以下のコマンドを実行

$ export PATH=$PATH:./node_modules/.bin

毎回設定するのが面倒な場合は、.bashrcにEXPORTを追記して、.bash_profileで読み込んだりすればいいと思います。
またはグローバルインストールしましょう。

グローバルインストールのコマンドはこちら

$ npm install -g npm-check-updates

更新可能なパッケージの確認

バージョンが更新されていて、最新ではないパッケージの一覧を確認します。

$ npm outdated

上記はnpmのoutdatedコマンドを使った例ですが、せっかくなのでnpm-check-updatesを使いましょう。

$ npm-check-updates

すると、こんな感じで更新可能なパッケージが表示されます。

$ npm-check-updates
[INFO]: You can also use ncu as an alias
Using /Users/hoge/Dev/angel/package.json
⸨░░░░░░░░░░░░░░░░░░⸩ ⠧ :
 react-redux              ^4.4.5  →   ^5.0.2
 eslint-config-airbnb    ^13.0.0  →  ^14.0.0
 eslint-plugin-jsx-a11y   ^2.2.3  →   ^3.0.2

Run ncu with -u to upgrade package.json

ちなみに、npm-check-updates

$ ncu

のように省略も可能です。

丁寧に教えてくれてますね。

package.jsonの更新

package.jsonの更新可能なパッケージバージョンを書き換えるには-uオプションを使用します。

これまた丁寧に教えてくれていますね。

$ npm-check-updates -u
または
$ ncu -u

これでpackage.jsonに書かれているバージョンが最新に更新されました。

実際のパッケージの更新

npm-check-updatesを使ってpackage.jsonが更新されてますので、あとは普通にupdateするだけでOKです。

$ npm update

これで簡単にnpmの取得モジュールをまとめて更新することができました。

nodeモジュールはかなり頻繁に更新が行われてますので、npm-check-updatesはとても便利なパッケージだと思います。

ライブラリ更新が大変で困ってる人は、ぜひ試してみると幸せになれるかもしれません。

npm-check-updatesでモジュール更新のまとめ

今回npm-check-updatesの簡単な使い方と、モジュールの更新方法についてまとめてみました。

npmだけでも更新パッケージの確認して、手動でpackage.jsonを書き換えればライブラリのバージョンアップは可能ですが、それらの手間をだいぶ楽にしてくれるオススメパッケージです。

npmモジュールを開発で利用している人は是非試してみてもらえればと思います。

npmの関連記事

npmでよく使うコマンドまとめ 環境構築をする上で便利なパッケージ管理にnpmがあります。 npmでは使用するパッケージを簡単にインストールしたり、packag...

オススメ本

[itemlink post_id=”637″ klabel=Kindleで探す alabel=Amazonで探す rlabel=楽天市場で探す ylabel=Yahoo!ショッピングで探す]

[itemlink post_id=”534″ klabel=Kindleで探す alabel=Amazonで探す rlabel=楽天市場で探す ylabel=Yahoo!ショッピングで探す]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です