DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINエラーの原因と解決方法

Development
この記事は約5分で読めます。
  • DNSを変更したらエラーになった
  • ChromeでDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN
  • DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINの原因は?
  • DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINの解決方法は?

DNSのネームサーバーを変更した後によく見かけるエラー。

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN

ちゃんとDNSの設定ができてるのか?
切り替わってるのか?

不安になりますよね?

そこで、今回ブログを引越しする時にDNSのネームサーバーも変更したんですけど、ずっとDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINと表示されてしまったので、そのときの原因解決方法を書きたいと思います。

同じようにDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINで困っている人は参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINって何?
  • DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINの原因
  • エラーの原因と(暫定的)解決方法
スポンサーリンク

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINって?

DNSエラーくん

ひとことで言うと「DNSエラー」です!

Chromeでサイトを表示しようとするとこんな画面で表示できなくなります。

これは、DNS(Domain Name System)がドメイン名を実際のサーバーのIPアドアレスに名称解決してくれるのですが、その解決ができないときに発生するエラーです。

こうなっちゃうと他のブラウザでも表示できないと思います。

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINの原因と解決方法

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINの原因

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINの原因はいくつかあります。

  • まだDNSが反映されていない
  • アンチウィルスソフトが影響している
  • DNSキャッシュが残っている ← こいつが原因が多い

主な原因はこんなところだと思いますので、これらについて解決方法をまとめます。

DNSが反映されていない原因

DNSサーバーの設定を変更した直後などは、まだ名称解決ができていない場合があります。

こればっかりは時間が解決するのを待つしかありません。

アンチウィルスソフトが原因

アンチウィルスソフトを導入している場合、ブラウザに干渉してDNSエラーを発生させることがあります。

可能であれば、一度アンチウィルスソフトを停止してサイトにアクセスできるか試してみましょう。

クライアントのDNSキャッシュが原因

ほとんどの原因はDNSキャッシュが原因だと思います。

まずは以下のDNSキャッシュをクリアを試してみましょう。

MacでDNSキャッシュクリア

ターミナルから以下のキャッシュクリアコマンドを実行します。

$ dscacheutil -flushcache

特に何も表示されませんが、キャッシュがクリアされているはずです。

Windowsでキャッシュクリア

コマンドプロンプトから以下のコマンドを順に実行します。

ipconfig /release
ipconfig /flushdns

Successfully flushed the DNS resolver Cacheと表示されれば成功です。

WindowsはDNSクライアントの再起動

Windowsは上記のキャッシュクリアをしても解決しない場合、DNSクライアントの再起動をしてみましょう。

「Windows管理ツール」の「サービス」をクリックしてDNS Clientを探します。

見つけたら右クリックしてメニューから「再起動」を行います。

ルーターのDNSキャッシュが原因

クライアントのDNSキャッシュをクリアしてみてもダメな場合は、ルーター側のDNSキャッシュが残っている可能性があります。

使用しているルーターにDNSキャッシュできる機能があるかどうか確認してみてください。

電源を切って5分くらい放置するとキャッシュクリアされる機種や、キャッシュクリアのコマンドや機能があるルーターもあります。

パブリックDNSで暫定的に解決

クライアントのキャッシュをクリアしてもダメな場合や、ルーターのキャッシュがクリアできない場合などは、暫定的にGoogleのパブリックDNS変更してみましょう。

ネットワーク設定のDNSの入力蘭に[8.8.8.8]と入力してください。

これでGoogleが公開しているバプリックDNSを使用して接続するようになります。

もしGoogleのパブリックDNSで接続できるようになるのであれば、時間が経てば通常時に利用しているDNSのキャッシュがクリアされ、接続できるようになります。

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINの原因と解決方法まとめ

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINエラーの原因と解決方法についてざっとまとめてみました。

DNS設定やネームサーバーの変更時にサイトにアクセスできなくなることがあります。

この原因は殆どDNSキャッシュが原因となっていますので、基本的にはDNSの設定をリセットしたり、キャッシュが書き変わるまで時間を待てば自然に治ると思います。

待ってられない場合などは暫定的にGoogleなどのパブリックDNSを使うようにしましょう。

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINエラーで困っている誰かの参考になれば嬉しいです。

サーバー構築にオススメのVPS

気軽にサーバーを構築したい場合に、すぐに使えるConoha VPSがオススメです!

SSDの高速サーバーが初期費用無料で低価格でサーバーを持つことができます。

プランリニューアル&容量増量!【衝撃価格】月額620円のConoHa VPS【512MBプラン】

私も実際にConohaVPSを使ってますが、値段的にも機能的にもオススメできるVPSサービスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました